あきのナンパブログ

〜ナンパがどれだけ人生に有益か実体験を綴る〜

2月の目標

 

 

どうも、あきです。

 

 

 

積雪と極寒に負けて今週ストあんま出れてません。

 

既セクのきゃり子と昨日会いました、キープ出来そうです。

 

 

 

 

これに満足せずストに出るためにも、2月の目標を決めました。

 

 

 

 

 

 

2月の目標=(10ゲットするための)40バンゲ

 

 

 

です。

 

40の数字には一応仮説に基づいた根拠があります。

 

 

1月のゲット数は2でした。その数字を紐解くと、

 

 

2ゲット←4アポ、連れ出し←8バンゲ←約60〜70声かけ

 

 

 

本日までの1月の活動記録がだいたいこんな感じです。

(バンゲしたうちその日に連れ出しした女の子は両方の数字にカウントしてます)

 

 

 

だいたい10人声かけて1人バンゲ出来る。

バンゲしたうち2人に1人その場で連れ出しか後日アポまでいけてる。

連れ出しまたは後日アポった2人に1人はゲット出来ている。

 

 

 

 

この数字をもとに月間10ゲットするためには、

 

 

10ゲット←20アポ、連れ出し←40バンゲ400声かけ

 

 

という考え方が出来ます。

 

 

 

アポor連れ出しした2人のうち1人ゲットは確率高く見積もりすぎwww

等意見があるかもしれませんが、

とりあえずやってみないとわからないのでこれでやってみます。

 

 

 

今月特に意識したいのは、本題の冒頭でも出てきた40バンゲです。

 

 

 

まず10ゲットにこだわってしまうと、自分のやる気次第で扱える数字の範囲から遠過ぎるため、特に最初の時期はモチベーションの低下に繋がりやすいと思います。

 

 

つまり極論、何人声かけても1人も連れ出し出来ない可能性だってありますし、100人連れ出したところで1人もゲット出来ない可能性も0ではないです。

 

 

自分の範囲で100%増減を操れる数字は声かけ数のみです。

 

声かけの回数だけは自分のやる気次第でどこまでも増やすことが可能です。

 

 

じゃあとりあえず声かけの回数を増やし続ければいいのか、そうではないと俺は思ってます。

 

 

あくまでもゲットに繋がるよう、バンゲや連れ出しへの可能性を高めていかなくてはいけません。

 

 

したがって、2月は絶対的に操れる数字である声かけの次段階にあるバンゲ数にこだわっていきたいと思います。

 

 

 

また、400声かけ中の40バンゲのような確率にこだわるのもやめます。

(じゃあさっきの仮説みたいなの何だったんやwww)

 

 

俺自身野球やってたわけではないのですが、イチローが毎シーズン好成績を残す考え方を昔何かで知って以来参考にしてます。

 

 

イチロー曰く、

「3割打たなきゃとか打率で考えると毎打席数字が上下するから気が重くなる。

安打数で考えれば数字は増える一方だから気楽にいつものプレーが出来る。」

 

 

本当その通りだなーと思います。

 

 

なので、俺も何割の確率で連れ出せるかとかゲット出来たかとかの割合を高くしていくことに固執してません。

 

 

 

声かけ=打席に立つ

 

バンゲ=シングルヒット

 

と例えると、

 

まずたくさん打席に立ってシングルヒットを40本打とう

 

 

 

くらいで考えて、シングルヒット40本打てたらその後のアポはむしろ自分自身のご褒美にしよくらいに思ってます。

 

 

 

 そんなこんなで2月は40バンゲを達成するため頑張ります。

 

 

 

 

ちなみにスト値的なものは、そこまでこだわってません。

 

もちろんスト高優先で声かけしますが、顔がある程度整っててスタイル普通くらいなら来月も声かけます。ぽっちゃりや顔面のっぺりみたいのは苦手なので無理ですが、、

 

 

 

それと、数にこだわるのは最初のうちだけにしようかなと今は思ってます。

 

 

 

やがては数は多くなくても、芸能人とか超スト高ばかりをゲットしたいですね!